×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  大塚農場のこだわりと取り組み

大塚農場のこだわりと取り組み

大塚農場のこだわり

私達、大塚農場は『人に優しい農業』を目指しています。
「元気のよい農地づくり」、「自らの力あふれる作物づくり」ができたらと、25年前から堆肥による土づくりと減農薬農法を始めました。

「力あふれる作物づくり」は、何よりもまず、「元気のよい農地づくり」から始まります。
まずは基礎体力づくりから、といったところでしょうか。
そのため私達は、「農産物残さ」と「籾がら」を混ぜて作った堆肥を土づくりに活かしています。
そうして農薬によって痩せてしまった農地ではなく、より自然を活かし、より自然に近い、「元気のよい農地づくり」を目指していくのです。

大塚農場のこだわり

「元気のよい農地づくり」が出来たら、いよいよ「力あふれる作物づくり」の出番です。
「力あふれる作物づくり」に必要なことは、やはり、自然に近い状態で育てることではないでしょうか。
そうすると、出来る限り農薬の使用を避けることになりそうです。
私達の畑では、減農薬農法による馬鈴薯、かぼちゃ、人参、大豆のほか、ハウストマト、キュウリが元気に育っています。

大塚農場のこだわり

「元気のよい農地づくり」と「力あふれる作物づくり」。
全ては『人に優しい農業』への想いと実現のため。
毎日食べる食物だからこそ、安心を届けたい。
だからこそ、この北海道の広い農地の中でどれくらい、私達が手をかけて「力あふれる作物づくり」と「元気のよい農地づくり」が実現できるのか。
これこそが私達、大塚農場のこだわりです。